女の人

認知症を改善できる効果があるプラズマローゲン

細胞の錆びつきを防ぐ効果

コップ

活性酸を防いで老化を防止

人間の健康にとって大きな害があるものに活性酸素があります。これは体内に取り込んだ酸素が変質して発生します。人間は酸素がないと生きていけないので、活性酸素もまた体内で必ず生み出されるのです。活性酸素には強い酸化作用があるので、体内の正常な細胞を酸化してしまうのです。そのため色々な悪影響が起こります。特に細胞が錆び付いて老化が進んでしまいます。これを防ぐための工夫が水素水です。水素は活性酸素を中和させることができ、抗酸化作用があります。そのため日常的に水素水を飲む習慣をつければ体内の酸化を阻止し、細胞の老化を防ぐことができます。抗酸化作用には老化防止の他にもガン、心筋梗塞、アトピー性皮膚炎、疲労回復などの効果があります。

水素の濃度が高い物を選ぶ

水素水も色々な製品が発売されていますが、正しい水素水を選ぶことが大事です。選ぶ時の目安になるのは水素の量です。水素が多く含まれているほど抗酸化力が強くなるので、水素の濃度が高いものを選ぶようにします。量の基準としては1.2ppm以上含まれている製品を選びます。水素というのはとても小さい分子なので、通常のペットボトルなどでは逃げてしまう特徴があります。そのため水素水の入っている容器がとても重要です。選ぶ時にはアルミパウチの容器に入っている水素水を選ぶようにします。また製品によって飲み心地が違いますから、自分にとって飲みやすいものを選びましょう。飲みにくい製品は長続きしないので最初から飲みやすいものにします。硬水と軟水がありますが、日本の水は一般的に軟水であるため、軟水の水素水の方が飲みやすいと感じる人が多いでしょう。